ワーホリで稼ぎたい?それならオーストラリアへ行け。

ワーホリで稼ぎたい?それならオーストラリアへ行け。

 

年々、ワーホリに行く若者たちは増加している。(筆者の勝手な予想)

ワーホリに行く目的は色々あると思う。

英語を身につけたい。

外国人と交流したい。

海外の文化を知りたい。

日本で働きたくない。

白人とヤりたい。

ただ、これら以上にワーホリメーカーが望んでいること。

それは、

 

 

 

 

 

金が欲しいぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

そう、稼ぎたいのだ。

金の亡者なのだ。

ワーホリを終えた人たちからしばしば聞く、

「おれ、めっちゃ貯金できたわ。」

実際のところどうなのか?

これについて、筆者の体験談を交え、お答えしようと思う。

そしてなぜ、オーストラリアが最も良いのか、シンプルに述べよう。

 

 

 

 

最低賃金

まず、収入面。

誰でも最低賃金は高ければ高いほど嬉しい。(雇用主を除く)

最低賃金は最低限度のものだから、

ローカルで働くと、基本的に時給はそれより高い。

分かりやすくするために、

ワーホリの2大人気国、オーストラリアとカナダで比較しよう。

 

 

オーストラリア

オーストラリアの最低賃金は、時給A$18.29。

https://www.fairwork.gov.au/how-we-will-help/templates-and-guides/fact-sheets/minimum-workplace-entitlements/minimum-wages

2018/1/1現在のレートがA$1=87.99円。

つまり、時給1,609円。

化け物かよ。

1時間働いたら、極暖1枚買えるやん。

日本も見習って欲しいもんだわ。

 

 

カナダ

カナダはちょっとややこしくて、

最低賃金が州によって異なる。

https://www.retailcouncil.org/quickfacts/minimum-wage-by-province

ワーホリで人気の都市、バンクーバーがある

ブリティッシュ・コロンビア州の最低賃金は、C$11.35。

2018/1/1現在のレートがC$1=89.52円。

つまり、時給1,016円。

普通かよ。

ちなみに最も高いアルバータ州(筆者がちょうど住んでいる)の

最低賃金は、C$13.60。

つまり、時給1,217円。

ただ、補足すると、カナダはチップの文化があるから、

飲食店やホテルで仕事をしてると、時給にプラスアルファが付く。

 

 

まず、最低賃金の部分で考えると、

オーストラリアに軍配が上がる。

チップの部分を大目に見たらなんとかトントンになる……かも?

でも、仕事によってはチップ無いし、

正直オーストラリアでもチップちょくちょくあったからな。

 

 

 

 

 

生活費

続いて、支出面。

日常生活で消費するものがいちいち高いと、貯金できないよねー。

いろんな指標があるけども、

実際生活したらどうなのか?

2つの国で生活した筆者の庶民的な視点でお伝えしよう。

 

 

家賃

これは都市によって違うから難しいんだが、

とりあえず1番高いのはシドニー。

他の都市、オーストラリアだと、メルボルン・ブリスベン、

カナダだと、バンクーバー・トロントはそんなに変わらんと思う。

シドニーさえ住まなければ大丈夫。笑

 

 

食料品

物による。

乳製品とか小麦粉系のもの(パンやパスタ)はオーストラリアのほうが安くて、

野菜とか海産物はカナダのほうが安い感じ。

その他はそんなに変わらん。

 

 

外食

これはオーストラリアのほうがちょっと高い。

自炊あんまりしない人とかパリピには優しくないかな。

ただ、カナダは15〜20%のチップ払わないといけないから、

これむしろカナダのほうが高いんじゃね?って思う。

$20食ったら最低$3チップとかなんやねん。

そもそも貯金したいなら自炊しろ、自炊。

パーティーもホームパーティーにしとけ。

 

 

衣料品

一緒や。

 

 

総括すると、シドニーに住むとエグい。

そこ以外に住むなら、

普通の生活を送るのにかかる生活費はそんなに変わらん、

というのが筆者の感覚です。

 

 

 

 

 

結論

以上のことから、

どっからどう考えても、稼ぎたいならオーストラリア一択。

何か特別、「おれは絶対にあの国がいいんだ。

あの国に行けないのなら死んでやる」ってのがなければ、

絶対にオーストラリア。

他の国と違って、ビザめちゃくちゃ簡単に取れるし、

イギリスやカナダと文化的な違いもほぼないしね。

国選びで迷ってるなら、オーストラリアに行こう!

 

 

 

 

 

筆者の体験談

筆者は、オーストラリアで、

4ヶ月語学学校行って、1ヶ月遊んで、半年働きました。

ちなみに働いたところは、エアーズロック付近のリゾート施設。

キッチンハンドとして1日8時間、完全週休2日、有給休暇付きで、

結果的に半年で約170万ほど貯金できました。(掛け持ちもちょっとしたけど)

税率が厳しくならなければ、200万は超えてたでしょう。

 

 

オーストラリアは本当においしい。

 

ワーキングホリデーカテゴリの最新記事