【カナダ】牛乳の味が薄い!?

【カナダ】牛乳の味が薄い!?

 

筆者がカナダのスーパーで初めて牛乳を買って飲んだとき、

その味に衝撃を受けました。

 

「味うっっっっっっす!」

 

本当に薄かったのです。

まるでただの白く濁った水のような味でした。

カナダ人は頭がおかしいのかと思いました。

 

しかし、よくよく見てみると、

牛乳にはパーセンテージが表記されており、

いくつか種類があることに気付きました。

 

 

牛乳にはいくつか種類がある

カナダの牛乳にはパーセンテージが表記されており、

これは、その牛乳100gに含まれる脂肪分の割合を示しています。

 

1%(Partly Skimmed Milk)

100g当たりの脂肪分が1%の牛乳です。

これは日本の「低脂肪牛乳」に当たります。

 

2%(Partly Skimmed Milk)

100g当たりの脂肪分が2%の牛乳です。

カナダで最も人気のある牛乳です。

 

3.25%(Homogenized Milk・Whole Milk)

100g当たりの脂肪分が3.25%の牛乳です。

メーカーによって表記が異なることがあります。

この牛乳が日本で普段飲まれている牛乳になります。

 

Skim Milk

100g当たりの脂肪分が0.3%以下の牛乳です。

脂肪分が少なく、とてもヘルシーな牛乳です。

 

 

まとめ

筆者が何も気にせず購入して飲んだ牛乳は、2%のものでした。

くそマズかったです。

これがカナダでは最も人気ということは、

やはりカナダ人は頭がおかしいのでしょう。

「低脂肪のものを選んでいる割に肥満体型の人が多い」

という現象にはぜひとも目を瞑りましょう。

※カナダのディスりが酷いですが、嫌いなわけでは全くありません。

 

脂肪分が低くなればなるほど、

味が薄くなり水のようになるので、

よほど健康に気を使っている方以外は、

低脂肪の牛乳を買うことは避けたほうが良いでしょう。

飲んだことはありませんが、

Skim Milkは想像を絶するほどのマズさなのは間違いないです。

 

どの牛乳を買えば良いのかわからない方!

3.25%の牛乳は、日本の牛乳と同じ味で非常においしいので、

必ず3.25%の牛乳を買いましょう!

 

カナダカテゴリの最新記事