幸せはそれぞれ。

幸せはそれぞれ。
幸せはそれぞれ

その人にはその人の幸せがあります。

当たり前のことですが、

とても忘れがちなことです。

 

例えば、

仕事においては、

会社員として働くことが幸せな人もいれば、

独立して組織を運営することが幸せな人もいれば、

定職に就かず気ままに働くことが幸せな人もいます。

 

交友関係においては、

気の知れた仲間といることが幸せな人もいれば、

新しい人と積極的に交流することが幸せな人もいれば、

1人でのんびりと過ごすことが幸せな人もいます。

 

それぞれがそれぞれに、

幸せのかたちがあるのです。

 

 

幸せであることを認識しにくい現代

現代の社会では、

それを認識することが非常に難しくなっています。

SNSの普及のためです。

 

ある研究によると、

SNSの利用頻度が高いほど、

うつ病になりやすいということが示されています。

 

利用頻度が高い人は、低い人よりも、

2.7倍もうつ病になるリスクが高くなるらしいです。

その理由は、

「自分以外の人は、幸せで充実した人生を送っているという歪んだ認識と、

それを羨む気持ちを生じさせるから」

と述べられています。

SNSに投稿されるものは、

基本的に楽しんでいる時間のみを切り取っているので、

そのように感じるのでしょう。

隣の芝は青いのです。

 

 

幸せを見つけよう

隣の芝が青く感じてしまう人の多くは、

自分にとっての幸せが何かまだ十分理解していないのです。

 

自分にとっての幸せを明確に理解している人は、

他の人を羨むことはありません。

そして、自分が幸せだと感じる方向へ

確実に進むことができます。

 

 

 

では、どうやって幸せを見つけるのでしょうか?

 

現在の自分の状況を見つめ直してみてましょう。

幸せは身近なところに落ちています。

 

仕事があり、収入をもらえている。

語らえる友人がいる。

没頭できる趣味がある。

1人の自由な時間を持てている。

健康な心身がある。

大切なパートナーがいる。

 

挙げるとキリがありません。

こうした身近な幸せが1つもない人は恐らくいないでしょう。

あなたの周りにはいつでも幸せが溢れているのです。

 

もし、それでも幸せだと感じることができないのであれば、

それはどこかに幸せを覆い隠すほどの決定的な不満があるのです。

それは、

仕事が激務なことであったり、

なんでも相談できる友人がいないことであったり、

趣味が何もないことであったり。

 

では、その不満を解消するよう努力しましょう。

いまの仕事が嫌なら転職すれば良いですし、

相談できる相手がいないのならオンラインで探すことができますし、

趣味がないのなら色んなことにチャレンジすれば良いのです。

 

幸せを感じることができなくなるくらいなら、

そんなことは人生にとって多大な損失なので、

すぐにでも変えるべきです。

 

何が必要で、何が必要でないか。

何が重要で、何が重要でないか。

そうやって、自分にとっての幸せを見つけ、

かたちを確立していくのです。

 

そして、自分の幸せのかたちを確立できたなら、

あとはそれにひたすら近づけていくだけです。

 

 

自分を生きよう

それぞれにはそれぞれの幸せがあります。

他の人にとっての幸せが自分にとっての幸せではないのです。

自分は自分です。

SNSを見て他の人を羨む時間があるくらいなら、

自分の幸せのかたちを見つけましょう。

 

自分を生きよう。

 

 

 

余談ですが、

筆者はとても幸せです。

自分のやりたいことができて。

好きなように生きることができて。

 

不満はもちろんあります。

お金があまりないことであったり、

彼女が長らくいないことであったり。

しかし、筆者にとって、

それらは幸せを覆い隠すほどの大きな障害ではないですし、

改善できるように努力をしています。

 

また、捉え方によってはそれすら幸せに感じます。

お金がないことで、周りの人の優しさに触れることができたり、

彼女がいないことで、節約できたり、自分の時間をたっぷりと持てたり。

 

毎日が幸せです。

 

オピニオンカテゴリの最新記事