【生き方】楽観的な考え方が健康に良い4つの理由。

【生き方】楽観的な考え方が健康に良い4つの理由。

あなたは楽観主義者ですか?

それとも悲観主義者ですか?

 

どちらのほうが良いとは一概には言えません。

しかし、「健康」においては、

楽観的なほうが良いのかもしれません。

 

アメリカ・ライス大学の教授である Utpal Dholakia は、

楽観的な考え方が健康に良い4つの理由について述べています。

 

 

1. 楽観主義者は、自身の健康や

健康になるための方法をより理解している

知識は、健康の維持や快活な生活を送るために必要なものです。

もし、健康に何が良いのか知らなかったら、

どうやって健康を保つことができるでしょう?

 

楽観主義者は、健康を維持するためには何が必要なのかについて

深く理解しており、また、自身の健康についてもきちんと把握しています。

2002年のNathanらによる研究では、

楽観主義者は、心臓発作がどのように、そしてなぜ起こるのかということや、

6つの危険因子(アルコールの摂取・喫煙・ストレスなど)が

どのように心臓発作を引き起こすかということについて、

より深く理解していたということが報告されています。

 

 

2. 楽観主義者は、より健康的な行動をとる

楽観主義者は、より健康的な行動をとります。

例えば、2002年の研究では、

楽観的な人のほうが、より運動をするということが明らかになっています。

また、楽観的な人々は、あまり喫煙をせず

アルコールの摂取も適度な量に抑えることや、

質の良い睡眠をとりやすいということが示されています。

 

さらに楽観主義者は、不特定多数と性的関係を持つことが少なく

よりフルーツや野菜を食べるということまで指摘されています。

楽観主義者のこうした行動は、健康により良い結果をもたらします。

 

 

3. 挫折したとき、それに対処するために

楽観主義者はより効果的な方法を用いる

どれほど楽観的であろうと、挫折を味わうことがあります。

また、突然の事故や病気で苦しむこともあります。

 

ある研究では、

ストレッサーやトラウマに対処する際、

楽観主義者はより効果的な方法を用いることが報告されています。

彼らは、「アプローチ・フォーカスド対処方法」を用いる傾向があります。

「アプローチ・フォーカスド対処方法」とは、

問題に正面から向き合うことで、

問題の深刻度を低減させる方法を見つけるというものです。

それが不可能なときは、

楽観主義者はなんとかして問題をコントロールする方法を模索します。

 

例えば、あるガンを患った楽観主義者は、

多くの時間を最新の研究や治療方法を理解するために使い、

その後、様々なエキスパートからアドバイスをもらい、

それらに基づき最も有効だと思われる治療方法に専念することに決めました。

 

また、楽観主義者は、

問題によって引き起こされる恐怖や悲しみなどの感情を

抑えたりコントロールすることよりも、

問題自体に焦点を置きます。

 

単に問題を無視したり取り除いたりする「ディスエンゲージメント対処方法」

用いることはあまりありません。

「アプローチ・フォーカスド対処方法」を用いることは、

楽観的な人々がより優れた管理能力を身に付けることや、

自身の健康問題を解決するための行動に焦点を置くことを促します。

 

ガンや糖尿病、エイズと診断された後、

楽観主義者のほうが長生きしたり、より質の高い生活を送るという話は、

まったく不思議なことではありません。

 

 

4. 楽観主義者は

より良い社会的交流を持っているため、

健康に好ましくない出来事が起こっても、

優れたサポートを享受することができる

人々は、悲観的な人よりも楽観的な人を好む傾向があります。

ある研究によると、

楽観主義者のほうが、より多くの友人がいることや、

その友人たちと強い関係で結ばれているということが示されています。

つまり、彼らは友人たちとの関係を非常に良好なものにしているので、

結果として、

何か健康を脅かす出来事が起こった際は、

その社会的交流に頼ることで、手厚いサポートを受けることができるのです。

 

 

まとめ

楽観的であることで、

健康に対して様々な面からポジティブな効果があるみたいです。

 

ポジティブな思考によって

ポジティブな効果が生まれるって、

当然といえば当然のような気がしますね。

 

なにより、

楽観主義のほうが、生きていて楽しいことは間違いないでしょう。

 

生き方カテゴリの最新記事