「幸せな人間関係」を築くために心掛けるべき9つのこと。

「幸せな人間関係」を築くために心掛けるべき9つのこと。

「いまあなたの人間関係は良好ですか?」

 

生きていく上で、人との関わりは避けては通れないもの。

私たちは常に人と関わりながら生活しています。

家族であったり、

学校のクラスメイトであったり、

職場の同僚であったり。

そして間違いなく、

それらの関係が良好であることに越したことはないでしょう。

 

これからご紹介することを実践すれば、

良好な人間関係を築くことができるかもしれません。

 

作家である Harriet Lerner は、

何十年にもわたる研究に基づき、

「幸せな人間関係」を築くために心掛けるべき9つのことを導き出しました。

 

 

「幸せな人間関係」を

築くために心掛けるべき9つのこと

 

1. 謝らなければならないときは、誠意を持って謝ること

 

 

2. 相手が、「特別で価値があり、尊敬されている」

感じられるようにすること

 

 

3. 「違い」を尊重し、

ストレスに対する反応の違いがあることを理解すること

 

 

4. 他者の怒りや痛みを、

自分の身を守ることなく聴いてあげること

 

たとえその怒りや痛みが、

あなたが引き起こしたものであろうと

 

 

5. 家族関係や友人関係を傷つけるような

ネガティブな発言をやめ、ポジティブなものにすること

 

 

6. 「やる」と言ったことはやること

 

 

7. あなたにとっての

与えられる・行える・我慢できる「限界」を明確に持つこと

 

 

8. 寛大な心を持って、仲直りをすること

 

 

9. 相手が変わるのを待つよりも先に、

自分が変わることに焦点を置くこと

 

 

まとめ

これら9つのことを実行するには、

親切心良好な関係を築きたいという強い思いが必要です。

 

そしてまた、あなた自身に注意を向けることも必要になります。

それは自身を非難するということではなく、

痛みを引き起こしているあなた自身の問題点

観察し、変えるための能力を知るということです。

 

いきなりすべてを始めることは難しいでしょう。

少しずつでいいのです。

少しずつでも変わることで、寛大になっていくことができるのです。

心理学カテゴリの最新記事