なぜ「内向型」の人は生きづらいのか。

なぜ「内向型」の人は生きづらいのか。

この世界には、

「外向型」の人と、

「内向型」の人がいます。

 

外向型は、様々な活動・人・場所・物など、

自分の外側の世界からエネルギーを得るタイプ、

内向型は、アイディア・感情・印象といった

自分の内側の世界からエネルギーを得るタイプのことです。

 

簡単に言うと、

外向型の人は、外の世界に出て、できるだけたくさんの物や人、活動に関わりたい人

内向型の人は、自分の中の考えや感情に深く向き合い、様々なことについて熟考したい人

ということです。

 

どちらも単なる生得的な「気質」の違いなので、

どちらが良い悪いということは全くありません。

 

ちなみに筆者は、完全なる「内向型」です。

 

 

「内向型」の人は生きづらい?

しかし現在、

どういうわけか、内向型の人は非常に生きづらいのです。

おそらく大半の内向型の人はそのことを実感しているでしょう。

その内の1人である筆者も、それを痛感しています。

 

例えば、

筆者はとても音楽が好きで、とりわけRockやEDMをよく聴きます。

比較的賑やかなジャンルなので、音楽の趣味が合う人と話していると、

「ライブ・クラブ・フェスに行こう」という話にしばしばなります。

しかし、毎回断ります。

なぜなら、筆者はそのようなイベントが本当に好きではないのです。

筆者にとって音楽とは、落ち着いた空間でゆっくりと聴き、

メロディーや歌詞などを深く味わうものなのです。

こんなことを言うと、

当然周りの人からは怪訝な目で見られます。

 

このようなことは、日常的に起こります。

その度に、内向型の人は居心地の悪さを感じます。

それではなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

 

 

世界の75%は外向型

心理コンサルタントである Otto Kroeger と Janet M. Thuesen は、

このように述べています。

「内向型の人は、外向型の人3名に対し約1名と、数において劣っている。

結果として、彼らは特別な世渡り術を編み出す必要に迫られる。」

 

つまり、内向型の人が生きづらさを感じてしまうのは、

この世界の75%の人が外向型であるからなのです。

私たちの社会では、

多数であるものが「正しい」とみなされてしまいます。

そのため、多数である外向型が「正しい」気質として捉えられ、

内向型はネガティブなものとして認識されます。

その結果、内向型の人は異質な人として扱われ、

酷い場合だと、不健全だとみなされてしまうのです。

 

先程も述べましたが、

外向型・内向型はただの気質の違いであり、

「内向型は不健全だ」ということは全くありません。

 

 

外向型の発信力

内向型の人は、自身の中で意見や情報を取り扱うのに対し、

外向型の人は、積極的に外部にそれらを発信します。

現代の社会では、

自分の意見を主張することが尊ばれる風潮があり、

ビジネスシーンにおいては、それが特に顕著です。

主義主張が強い人ほど重要視され、社会的地位が高まっていきます。

 

また、外向型の人は、人とたくさん関わることを好むので、

コミュニティの輪が内向型の人のものと比べると、非常に広いです。

そのため、外向型の人から発信された情報は、

目まぐるしい速度で拡散され、

その情報は世論や文化に大きな影響を与えます。

結果として、

外向型の主張によって形作られた「外向型社会」が出現し、

内向型の人は非常に生きづらさを感じてしまうのです。

 

また近年では、SNSの普及により、

拡散される速度が爆発的に高まりました。

それにより、外向型を「善」とする風潮に晒される機会が極めて多くなり、

内向型の人は、普通に生活をするだけで疲弊しやすくなってしまったのです。

 

 

「内向型」について深めたい人におすすめ

思想カテゴリの最新記事