恋愛と結婚は違うものだと痛感した出来事。

恋愛と結婚は違うものだと痛感した出来事。

「恋愛と結婚は違うもの」

よく聞く言葉です。

 

筆者は、恋愛はしたことがありますが、

結婚はまだなので、

それがどういう感覚なのか、具体的にはよく分かりません。

 

すべての夫婦がそう感じているわけではないと思いますが、

しかし、よく聞くということは、

ほとんどの場合が実際そうなのでしょう。

 

そして、このことを強く痛感する出来事がありました。

 

 

恋愛と結婚は違うものだと痛感した出来事

プロフィールに書いているように、

Moonyとは。

筆者の両親は、筆者が11歳のときに離婚しています。

母が家から出て行った日のことは、今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その日以来ずっと、

母は父と会うことを拒んでいました。

離婚の原因は完全に父にほうにあったので、当たり前ですが。

手続きや親族のことで会わなければならないとき以外、

2人が時間を共にすることはなかったと思います。

 

 

 

 

それから十数年。

筆者が小浜島で生活していた2017年の11月、ある出来事がありました。

なんと、父と母が小浜島まで2泊3日で旅行に来たのです。

来るという話を最初に聞いたとき、

なにかの冗談か、母がドタキャンするんだろうと思っていましたが、

本当に2人で来たのです。

何が起こっているのかわけが分かりませんでした。

 

もう気が気ではありませんでした。

というのも、

離婚する前の2人はいつも喧嘩ばかりしていたからです。

2人が一緒になると必ず喧嘩するという強迫観念が、筆者にはあったのです。

地獄の2泊3日になるだろうと。

 

 

 

しかし、予想に反して、

実際はまったく違ったものでした。

2人はとても仲睦まじく、まるでカップルのようだったのです。

 

綺麗な海を見て楽しそうにしたり、

露店で売っているネックレスを父が買ってあげたり、

2人とも教育者なので、

それぞれの教育観について熱く語り合ったり。

筆者にはとんでもなく衝撃的でした。

 

そして、それを見てしみじみと思いました。

「2人が結婚する前は、きっとこんな感じだったんだろうな」と。

非常に教育熱心で、共通する考えを持っていて、運動することが好きで。

とてもたくさんの接点を持っている2人。

どう考えても幸せな結婚生活を送れそうに思えます。

 

そんな2人が、結婚によってうまくいかなくなり、離婚してしまったのです。

なぜなのか、まだ未経験の筆者には分かりません。

しかし、「恋愛と結婚は違った」ということだけは分かります。

子どもができ、資産を共有するようになり、互いの親族と関わるようになり。

色々なことが絡み合い、

結婚は恋愛とはまるで違ったものになるのでしょう。

 

 

 

そう考えると、

結婚というものが恐ろしく思えてきます。

自分が結婚したとき、果たして円満な生活が送れるのかと。

 

まぁこんなこと言う前に、

まず彼女作れって話なんですけどね。

思想カテゴリの最新記事