【海外生活】カナダの伝統料理「プーティン」を食べてみた!

【海外生活】カナダの伝統料理「プーティン」を食べてみた!

「カナダ料理」というと、一体何を思い浮かべるでしょう?

おそらく何も出てこないと思います。

なぜなら、カナダの伝統料理はあまりないからです。

そんなにポピュラーでもありません。

 

しかし、あるにはあります。

そのうちの1つが「プーティン」と呼ばれるものです。

 

 

プーティンとは?

カナダの伝統料理「プーティン」とは、

フライドポテトグレイビーソースと粒状のチーズをかけた

ファーストフード形式の食べ物です。

プーティンは、1950年代後半にカナダのケベック州で生まれました。

カナダ国内ではとてもポピュラーな食べ物で、

ショッピングセンターのフードコートではもちろんのこと、

マクドナルド、A&W、ケンタッキー、バーガーキングなどの

ファーストフード店でも食べることができます。

 

ちなみにグレイビーソースとは、

食肉をローストやソテーしたときに出る肉汁から作られるソースのことです。

一般的なグレイビーソースは、

肉汁にワインやブイヨンを加えて煮詰め、塩コショウなどで味を整えたもので、

小麦粉でとろみをつけることもあります。

 

 

食べてみた感想

筆者が食べたプーティンは、

フライドポテトとさつまいもフライがミックスされていました。

写真を見せたいところですが、撮り忘れました。

 

正直な感想を言うと、微妙でした。

2回目はもういいかな。

そもそもの話なんですが、

筆者はグレイビーソースとチーズがあまり好きではありません。

あと脂っこい食べ物もダメです。

なので、

筆者にとってプーティンはまさに最悪の食べ物でした。(ならなんで食ったんだよ)

 

しかし、おいしくないわけではないです。

ジャンクフードやチーズが好きな人は、きっと気に入ると思います。

現に筆者の友人たちは、「おいしいおいしい」と言って食べていました。

ただの筆者の好みのせいですね。笑

 

このレポを見て、

プーティンを食べたくなるわけはないと思いますが、

数少ないカナダの伝統料理の1つなので、

カナダに来た際は、ぜひ1度食べてみてください!

カナダカテゴリの最新記事