【ワーキングホリデー】カナダの消費税は州によって全然違う!?

【ワーキングホリデー】カナダの消費税は州によって全然違う!?

どーも。

カナダ・バンフでワーホリ中の Moony です。

 

私たちが生活を営むうえで必ず発生する税金「消費税」

食料品・日用品・サービスなど、消費税はありとあらゆるものに掛かっています。

 

現在筆者が暮らしているカナダにももちろん消費税はあるのですが、

なんと驚くことに、カナダは州によって消費税率が違うんです!

しかも、かなり違います!

 

 

Talk-10
ブルジョワ

消費税の数%くらい別に大して変わらなくね?

 

と思うかもしれませんが、

留学やワーキングホリデーなどで長期間滞在する場合、

たった数%変わるだけで非常に大きな差が生まれてきます。

 

例えば、1年間で200万円の出費があったとしましょう。

消費税率が5%の場合、10万円の消費税が掛かりますが、

10%の場合は20万円も掛かり、その差はじつに10万円!

たった5%でとんでもない差です。

Talk-10
Moony

Macbook Air 買えるやん……….。

 

 

もし、そのことを知らず消費税の高い州で生活をしてしまい、

Talk-6
ワーホリ犬

せっかくカナダまで稼ぎにきたのに、消費税が高すぎて全然貯金できない………。

 

なんてことになってしまっては本末転倒。

 

そこで今回は、そんなかわいそうな人を少しでも減らすために、

カナダのそれぞれの州の消費税率についてまとめてみました!

カナダワーホリで貯金をしたいなら、どの州の消費税がお得なのか知っておくべきでしょう。

その州に含まれる都市も合わせて載せておくので、都市選びの際はぜひ参考にしてみてください!

 

※2018年3月時点の消費税率になります。

 

カナダの消費税の種類

 

カナダ各州の消費税率をご紹介する前に、カナダの消費税の制度について説明しておきます!

日本の消費税は、当たり前ですが 1種類だけです。

しかし、カナダの消費税はなんと 3種類もあるんです!

 

GST

GSTは「Goods and Services Tax」の略で、政府によって定められた消費税。

 

PST

PSTは「Provincial Sales Taxes」の略で、によって定められた消費税。

 

HST

HSTは「Harmonized Sales Tax」の略で、GSTとPSTが組み合わさったもの。

 

これらがカナダの消費税の種類になります。

どの種類の消費税を採用しているかは、州によって異なります。

 

カナダ各州の消費税率

 

アルバータ州(Alberta)

GST:5%

合計消費税率:5%

都市:カルガリー、エドモントン、バンフ、フォートマクマレー

 

ブリティッシュコロンビア州(British Columbia)

GST:5%

PST:7%

合計消費税率:12%

都市:バンクーバー、ビクトリア、ケロウナ、ウィスラー

 

マニトバ州(Manitoba)

GST:8%

PST:7%

合計消費税率:13%

都市:ウィニペグ、ブランドン

 

ニューブランズウィック州(New Brunswick)

HST:15%

合計消費税率:15%

都市:モンクトン、フレデリクトン、セント・ジョン

 

ニューファンドランド&ラブラドール州(Newfoundland & Labrador)

HST:15%

合計消費税率:15%

都市:グース・ベイ、リゴレット

 

ノースウェスト準州(Northwest Territories)

GST:5%

合計消費税率:5%

都市:イエローナイフ、イヌビク

 

ノバスコシア州(Nova Scotia)

HST:15%

合計消費税率:15%

都市:ハリファックス地域

 

ヌナブト準州(Nunavut)

GST:5%

合計消費税率:5%

都市:イカルイト、ベーカーレイク

 

オンタリオ州(Ontario)

HST:13%

合計消費税率:13%

都市:トロント、オタワ、ミシサガ

 

プリンスエドワード島(Prince Edward Island)

HST:15%

合計消費税率:15%

都市:シャーロットタウン、キャベンディッシュ

 

ケベック州(Quebec)

GST:5%

PST:9.975%

合計消費税率:14.975%

都市:モントリオール、ケベック・シティー

 

サスカチュワン州(Saskatchewan)

GST:5%

PST:6%

合計消費税率:11%

都市:サスカトゥーン、レジャイナ

 

ユーコン準州(Yukon)

GST:5%

合計消費税率:5%

都市:ホワイトホース、ドーソン・シティ

 

まとめ

 

いかかでしたか?

カナダで最も低い消費税率は、アルバータ州やユーコン準州などの5%

一方で最も高い消費税率は、ニューブランズウィック州やノバスコシア州の15%

その差は驚愕の10%!

年間200万円の出費で計算すると……..20万円も違ってきます。

Talk-10
Moony

Macbook Pro 買えるやん……….。

 

 

生活に大きく関わってくる税金「消費税」。

たかが数%、されど数%。

長い目で見ると、出費にハンパなく大きな差が生まれます。

 

留学やワーキングホリデーなどでカナダに長期滞在をする際は、

ぜひ消費税率も考慮に入れて都市選びをしてみてください!

 

 

   

 

カナダカテゴリの最新記事