【ワーキングホリデー】エージェント「MyStage」を使ってみて感じた「有給インターンシップ」をおすすめする7つの理由!

【ワーキングホリデー】エージェント「MyStage」を使ってみて感じた「有給インターンシップ」をおすすめする7つの理由!

「ワーキングホリデーに来たは良いけど、どうやって仕事を探したら良いの?」

と、頭を抱える人は少なくないでしょう。

筆者も初めてのワーキングホリデーでオーストラリアに行ったとき、

「仕事探し」でとても困った覚えがあります。

 

一般的に、仕事の探し方には4つの方法があります。

1. インターネットで応募する

2. エージェントに紹介してもらう

3. レジュメ(履歴書)をお店で手渡しする

4. 知人に紹介してもらう

 

オーストラリアでワーホリ中、筆者は「1〜3」の方法を試しました。

(「4」は、もしすぐに辞めてしまったら知人に申し訳ないと思い、しませんでした)

その中で、筆者が最もおすすめする方法は、

「エージェントを使って有給インターンシップをする」という方法です。

筆者も、最終的にこれで仕事を決めました。

 

それではなぜ、この方法がおすすめなのでしょうか?

それには、筆者が実際に有給インターンシップをしてみて感じた7つの理由があります。

 

有給インターンシップをおすすめする7つの理由

 

1. 仕事がすぐに見つかる

ワーキングホリデーができる期間は、1年間(または2年間)と限られています。

その貴重な期間を、長々と仕事探しに費やすのはとてももったいないですよね。

また、滞在するだけで、家賃や生活費などでどんどんお金が減っていきます。

こんな状況、できるだけ避けたいところです。

 

オーストラリアワーホリのとき、かくいう筆者はこの状態に陥っていました。

語学学校を卒業し、いざ仕事を探し始めたものの、

3週間もの間、仕事が見つかりませんでした。

(1つ決まりかけていたのはあったが、諸事情で蹴った)

このままではまずいと思い、

以前から気になっていた

「エージェントを介しての有給インターンシップ」

に応募してみたところ、1週間ほどで仕事が決まったのでした。

 

2. 英語力を伸ばせる

有給インターンシップで働く職場は、完全に英語だけの環境です。

職場の同僚はもちろんのこと、上司、お客さん、ルームメイトなど、

基本的に全員外国人なので、会話をする場合は必ず英語を使う必要があります

なので、生活をするだけで否が応でも英語力は伸びていきます。

 

余談ですが、

筆者はオーストラリアで4ヶ月間語学学校に通った後、

有給インターンシップをしました。

語学学校で英語をある程度身に付け、

(語学学校での英語で不自由することはなくなっていたので)多少自信を持っていたのですが

ネイティブの環境に放り込まれた途端、打ちのめされました。

彼らの話す英語をまったく聞き取れなかったのです。

「語学学校で話されている英語」「日常生活で使われている英語」は、

スピードも訛りもまるで違ったのです。

そりゃそうですよね。

ネイティブである先生たちは、生徒に分かりやすいように話していたのですから。

 

しかし、英語だけの環境で生活すること6ヶ月。

彼らとほとんどふつうに日常会話をすることができるようになっていました。

(アボリジニの話す英語は結局ほとんど聞き取れませんでしたが)

個人的に、

語学学校に通うよりも英語だけの環境で生活したほうが、

生きた英語が遥かに身に付きやすいと感じました。

 

3. 確実に稼げる

ワーキングホリデーに「貯金」が目的で来る人も多いことでしょう。

選ぶ仕事によって、貯金できるかどうかは大きく変わってきます。

 

例えば、

オーストラリアのジャパレスでは、最低賃金を下回っていることが多々あります。

また、「ファームジョブは稼げる」と聞きますが、

一方で、本当に悲惨なファームが数多くあることも事実です。

現に、筆者の友人の何人かが最悪なファームを引き当てていました。

(炎天下の中、1日12時間働かされて、$50ほどしかもらえなかったそうです)

しかし、有給インターンシップでは、確実に貯金ができます。

 

それには3つの理由があります。

・賃金(時給)が高い

有給インターンシップでは、賃金はローカル基準になります。

また、基本的に僻地での勤務になるため、

通常よりは高めの賃金に設定されていることが多いです。

ちなみに、筆者の時給は $21 でした。

 

・生活費がかからない

有給インターンシップの勤務先は、リゾートやホテルになります。

そのため、基本的に賄いが付いているので食費はあまりかかりませんし、

生活に必要なものは従業員割り引きで買うことができます。

 

・家賃が安い

有給インターンシップの場合、勤務先のアコモデーションに住むことになります。

そのため、都市部で暮らすよりも遥かに安い家賃で住むことができます。

 

また、これは筆者が働いていたエアーズ・ロックのリゾート施設の話ですが、

「人手不足の解消」と「たくさん稼ぎたい人」をマッチングさせる制度がありました。

これは、メインの仕事がないときに、

どこか人手が足りていないところで働くことができるというものです。

筆者もこの制度をたまに活用し、

メインのキッチンハンドの仕事がないときは、ハウスキーパーとして働きました。

しかも、そのサブの仕事をしているときの時給は+25%アップでした。

 

4. 夢のような場所で働ける

せっかく海外に来たのですから、その国ならではの美しい観光地で働きたくないですか?

有給インターンシップの勤務先は、世界的にも有名なリゾート地やホテルになります。

 

オーストラリアの有給インターンシップでは、

グレートバリアリーフに囲まれた「ハミルトン島」「リザード島」

筆者も実際に働いた、地球のおへそである「エアーズ・ロック」

『世界の中心で愛を叫ぶ』の舞台になった「キングス・キャニオン」

といった場所で働くことができます。

 

5. 格安で観光できる

そんな美しいリゾート地で生活するわけです。

当然、観光もしたいですよね!

 

じつは、有給インターンシップで働いている間、

福利厚生として、

その会社が提供しているツアーに格安で参加することができます。

また、飲食やアクティビティなどのサービスを格安で受けることもできます。

筆者もそれを利用して、

「エアーズ・ロック」「キングス・キャニオン」「カタ・ジュタ」のツアーに

格安で参加することができました。

 

有給インターンシップができるすべての施設で

そのような制度があるとは断言できませんが、基本的にはあると思います。

 

6. 世界各国に友人ができる

有給インターンシップの勤務先には、世界各国から働きにきた人たちがいます。

英語圏からはもちろんのこと、

アジア、ヨーロッパ、南アメリカなど、本当に様々な国籍の人たちがおり、

職場はまさに「人種のるつぼ」です。

 

一緒に生活をしていると、彼らとは自然に仲が良くなることでしょう。

有給インターンシップが終わることには、

世界各国に友人ができているかもしれません。

「世界各国の友人に会いに世界一周」なんて素敵ですね。

 

7. 経験を積むことができる

有給インターンシップでは、

フロント、ベルボーイ、ハウスキーパー、ランドリー、ウェイター、キッチンハンド、

シェフ、バーテンダー、ツアーガイドなどの様々な職種の中から、

自分がやりたいことを選ぶことができます。

 

そして、それらの仕事の経験がなくても働かせてもらえることがあり、

そこで経験を積むことができます。

( もちろん、経験があるに越したことはないですし、雇ってもらいやすいですが)

また、その経験が日本での就職に役立つこともあります。

「海外の一流ホテルでフロントの経験あり」なんて履歴書にあったらカッコいいですね。

 

まとめ

 

これが、筆者が実際に有給インターンシップをしてみて感じた7つの理由です。

有給インターンシップはこれほどまでに魅力的なのです。

筆者は本当に有給インターンシップをして良かったと思っています。

 

ブリスベンでジャパレスの仕事が決まりかかっていたとき、

「おれはなんでオーストラリアに来てまで餃子を焼いているんだ……」と打ちひしがれ、

一念発起して有給インターンシップに応募したのは正しい選択でした。

オーストラリアワーホリは素晴らしいものになりました。

 

もしいま、

「仕事探しはどうしよう?」

「海外ならではのところで働きたい!」

「海外に来てまで餃子なんか焼きたくない……」

と思っている人は、

ぜひとも「有給インターンシップ」をしてみてください!

 

オーストラリアのエージェント「MyStage」について

 

ちなみに、

筆者がオーストラリアで有給インターンシップをするために使ったエージェントは、

「MyStage」というところです。

様々なところに求人が出ているので、目にしたことはあると思います。

このエージェントでの有給インターンシップの評判は良いですし、

実際に筆者も良かったと感じています。

 

一方で、MyStage で紹介してもらったチェリーピッキングは、

とんでもなく悲惨だったという報告もあります。

それについては、この記事に詳しく書いてあります。

留学エージェント「マイステージ」が紹介するチェリーピッキングに参加したら大惨事にあったので全て暴露することにした。

この記事でも、有給インターンシップの評判は良いと書かれているので、

有給インターンシップをするのはおすすめですが、

ファームジョブを紹介してもらうのはやめておいたほうが無難でしょう。

 

合わせて読みたい記事

【ワーキングホリデー】エージェントを使って仕事を探すことのメリット・デメリット

    

ワーキングホリデーカテゴリの最新記事