【スケートボード】ついに念願のミニクルーザー「ペニーボード」を手に入れた!

【スケートボード】ついに念願のミニクルーザー「ペニーボード」を手に入れた!

最近めちゃくちゃ欲しかったもの

 

筆者は最近、めちゃくちゃ欲しいものがありました。

物欲はそんなにないほうなのですが、

「これだけは絶対に欲しい!」

と思うほど魅力的なものでした。

 

それはずばり、「スケートボード」です!

 

なぜスケートボードが欲しかったのか?

 

スケートボードが欲しかった理由は色々とあります。

 

1. 運動をしたかった

現在、筆者はカナダのバンフに住んでいるのですが、

バンフはスキーリゾート地として有名で、

冬は多くのスキーヤーやスノーボーダーたちで賑わいます。

かくいう筆者もスノーボーダーで(そんなできないけど)、

シーズン中、何回か滑りに行きました。

 

しかし、シーズンが終わり、

Talk-1
Moony

スノーボードができなくなったいま、
おれは一体何をして体を動かせばいいんだ…………。

 

と途方に暮れていたとき、思いついたのが「スケートボード」でした。

 

Talk-1
Moony

スケボーは、スノボーと同じ「横乗り」のスポーツやから、
感覚的に似てるやろし、余裕やろ!(完全な思い違い)。

Talk-1
Moony

平昌で金メダルのプロスノーボーダー「ショーン・ホワイト」
スケボーめちゃくちゃ上手いし、
スケボー極めたら
おれもホワイト並みにスノボー上手くなるんちゃう?(もはやキチガイ)

 

という安直な考えで。

 

2. 移動手段が欲しかった

バンフはそんなに大きな街ではないので、徒歩だけで生活することは十分可能です。

しかし、友人の家や行きつけのマクドナルド(だせぇ)までは少し距離があるので、

「何か移動手段が欲しい!」と常々思っていました。

まず、自転車を考えたのですが、

Talk-1
Moony

けっこうな値段するし、スペース取るから管理が大変やろなぁ。

 

と思い、やめました。

 

そんなとき、まさにうってつけだったのが「スケートボード」

自転車と比べると安いし、徒歩より速いし、なんといっても持ち運びが便利!

特にマックに行ったりするとき、

自転車で行ったらわざわざ駐輪場で施錠しなければいけませんし、

たとえそうしても、盗まれたり、壊されたりする可能性があります。

しかし、スケートボードの場合は店内に持ち込むことができるので、

そのような心配は一切ありません。

 

3. カッコつけたかった

Talk-1
Moony

スケボー乗れたら超カッコよくね!?

 

という中学生レベルの思考も、スケートボードを選ぶ決めてになりました。

(まぁ正直言うと、前までスケボー乗ってるやつなにカッコつけてんねんって思ってたけど)

 

色々と悩んだ末、「ペニーボード」にした

 

上で述べたような理由から、スケートボードを買うことに決めました!

しかし、ある問題が。

じつは、スケートボードには種類があるのです。

大きく分けて、

・ストリートスケートボード

・ロングスケートボード

・ミニクルーザー

3種類があります。

 

それぞれに長所・短所があるのですが、

筆者は悩みに悩んだ末、ミニクルーザーの「ペニーボード」にしました。

 

ちなみに、ペニーボードはこんなやつ。

 

なぜ「ペニーボード」にしたのか?

 

ペニーボードを選んだ理由は3つあります。

 

1. 超絶可愛い

これ一番重要!

とりあえずめちゃくちゃ可愛い。

そのフォルムが絶妙に可愛いです。

カラフルなのでファッション性も高いです。

最高です。

 

2. 持ち運びが簡単

他のスケートボードと比べると圧倒的にコンパクトで軽いので、

持ち運びが非常に簡単です。

女性にはとっても嬉しいですね!

 

3. 街乗りに最適

ミニクルーザーなので、その名の通り、クルージングに最も適しています。

ソフトウィールが用いられているため、荒れた路面でもグイグイ進むことができ、

通勤・通学やちょっとしたお出かけには最適です。

 

ペニーボードは、気軽に乗るにはまさに最高の一台なのです!

 

そして、「ペニーボード」を手に入れた!

 

「ペニーボードにする!」と決めてからは早かった。

まるで光のようであった。

 

すぐさま Amazon で好みの色のペニーを探し、注文しました。

そして、待つこと3日。

ついに届きました!

 

新しい相棒です。

いやはやなんと可愛いことでしょう。

見ているだけでうっとりします。

 

まだまだ乗りこなせてはいませんが、

これからの生活が一段と楽しくなりそうです!

 

 

補足

 

この記事では、これまで「ペニーボード」と書いてきましたが、

筆者が購入したものは、じつはペニーボードではありません。

Skatro(スケイトロ)という会社が発売しているミニクルーザーです。

 

どういうことかというと、

本来「ペニーボード」は、「Penny」という会社が発売しているミニクルーザーだけを指すのです。

「ペニーボード」はブランド名であり、

ミニクルーザーがすべて「ペニーボード」というわけではありません。

 

「ミニクルーザー=ペニーボード」という認識が広く浸透しており、

分かりやすいだろうと思ったので、この記事では「ペニーボード」と説明しました。

ライフスタイルカテゴリの最新記事