【GoPro Hero4/5/6】microSDカードは SanDisk の「microSDXC Extreme UHS-I」を使おう!

【GoPro Hero4/5/6】microSDカードは SanDisk の「microSDXC Extreme UHS-I」を使おう!
Talk-5
GoPro購入者

GoPro を手に入れたことだし、早速撮影に行くとしよう!

 

ちょっと待ってください!

じつは、GoPro 本体だけでは写真や動画を保存することはできません。

保存するには、「microSDカード」という保存用のデータカードが必要になります。

残念なことに、

GoPro には microSDカードが付属しておらず、別途購入する必要があります。

しかも、microSDカードにはたくさんの種類があり、適切なものを選ばないと、

最悪の場合、GoPro が壊れてしまう可能性もあります。

 

そこで今回は、

Talk-5
GoPro購入者

一体どの microSDカードを選んだら良いんだろう?

 

という方のために、

GoPro に最適な「microSDカード」をご紹介します!

 

「microSDカード」は適切なものを選ぼう!

 

上でも述べたように、

GoPro は適切な microSDカードを使わないと、

最悪の場合、GoPro 本体が壊れてしまいます。

また、壊れないにしても、

以下のような不具合が生じる可能性があります。

 

・動作が遅くなる

・エラーが表示される

・フリーズする

・記録できない

 

「安いから」と適当に買った microSDカードのせいで、

上のような不具合が生じていては、元も子もありません。

まさに、「安物買いの銭失い」です。

Talk-1
Moony

これ、自分のことなんだよなぁ。

 

そうならないために、

最初から適切な microSDカードを選びましょう!

 

「microSDカード」を選ぶ際のポイント

 

microSDカードを選ぶ際のポイントは、4つあります。

 

1. 種類

先ほどから「microSDカード」と書いていますが、

似たものに「SDカード」というものがあります。

これら2つのカードの違いは「サイズ」です。

左が「SDカード」、

右が「microSDカード」のサイズです。

見て分かるように、microSDカードのほうが小さいです。

GoPro では、「microSDカード」のほうを使います。

 

2. 容量

microSDカードには、「32GB」「64GB」「128GB」といった数字が表記されています。

これは、その microSDカードが保存することのできるデータの量を表しており、

数字が大きくなるほどデータをたくさん保存することができるということです。

Talk-5
GoPro購入者

じゃあ、めちゃくちゃ容量の大きい microSDカードを買えばいいんだな!

 

と思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

なぜなら、microSDカードの容量が大きくなるほどに、値段も高くなっていくからです。

また、microSDカードはとても小さいので、紛失の可能性も大いにあります。

高いお金を出して購入した大容量の microSDカードを無くした日には、

枕をビショビショに濡らすことになるでしょう。

 

そこでおすすめする microSDカードの容量は、「64GB」です。

「64GB」の microSDカードは、

比較的お手頃な値段ですし、データも十分な量を保存することができます。

予備として「64GB」の microSDカードを1枚余分に持っておくのも良いでしょう。

 

3. 転送速度(読み込み・書き込み速度)

microSDカードには、最低転送速度を示す「クラス(Class)」というものがあり、

そのクラスにも2つの種類があります。

 

1つは「スピードクラス」というものです。

「Class 2」「Class 4」「Class 6」「Class 10」の4段階があり、

最低転送速度が、それぞれ2MB/秒、4MB/秒、6MB/秒、10MB/秒ということを示しています。

スピードクラスは、このように「C」の中に数字で表記されています。

 

もう1つは「UHSスピードクラス」というもので、「スピードクラス」よりも新しいクラスです。

「UHS Speed Class 1」「UHS Speed Class 3」の2段階があり、

最低転送速度が、それぞれ10MB/秒、30MB/秒ということを示しています。

「UHSスピードクラス」は、このように「U」の中に数字で表記されています。

 

GoPro は動画がメインであり、さらに高画質なので、データの容量が非常に大きいです。

そのため、ある程度速い転送速度が必要であり、遅いものを使うと不具合の原因になります。

なので、GoPro には「Class 10」以上の microSDカードを使いましょう。

 

4. 耐久性

GoPro は日常の風景だけではなく、

ハイキングをはじめ、サイクリング、スノーボーディング、シュノーケリング、スカイダイビングなど、

あらゆるシーンに用いることができます。

 

しかし、そのようなシーンでは、

GoPro を落としたり、ぶつけたりする可能性が極めて高く、

それによって microSDカードが強い衝撃を受けることもあります。

耐久性の低い microSDカードは、その衝撃によってデータが消えてしまうこともあります。

頑張って撮影した写真や動画が消えてしまうことほどつらいことはありませんよね。

そんな悲劇を起こさないために、耐久性の高い microSDカードにしましょう。

 

GoPro に最適な「microSDカード」

 

GoPro の「microSDカード」選びのポイントについてまとめると、

 

・種類は「SDカード」ではなく「microSDカード」

・容量は「64GB」

・転送速度は「Class 10」以上

・高い耐久性

 

これらの条件を満たす GoPro に最適な microSDカードは、

SanDisk の「microSDXC Extreme UHS-I 64GB」です。

 

 

この microSDカードの特徴をまとめると、

 

・容量が「64GB」

・「UHS Speed Class 3」なので、最低転送速度が高速(30MB/秒)

・最大転送速度が爆速(読み込み:100MB/秒、書き込み:60MB/秒)

・「防水」「耐衝撃」「耐温度」「耐X線」と極めて高い耐久性

 

また、この microSDカードは、

「GoPro で正常に動作する microSDカード」としてGoPro の公式サイトでアナウンスされており、

GoPro が使用を推奨する microSDカードとなっています。

参照:『GoPro カメラで動作する SDカード』

Talk-1
Moony

GoPro の microSDカードは、間違いなくこれ一択。

 

しかし、

「これじゃ満足できない!」

「もっと快適でストレスフリーな microSDカードが良い!」

という方がいるかもしれません。

そんな方には、

Sandisk の「microSDXC Extreme PRO UHS-I 64GB」がおすすめです。

 

 

この microSDカードは、

最大読み込み速度(100MB/秒)は変わりませんが、

最大書き込み速度(90MB/秒)が、「Extreme」よりもさらに速くなっています。

書き込み速度が速いことで、書き込み(データ保存)が素早く行われ、

すぐ次の撮影に移ることができます。

この microSDカードを使えば、大事なシャッターチャンスを逃す心配はありません。

 

まとめ

 

「GoPro を買って、いざ撮影!」といきたいところですが、

データを保存するには「microSDカード」というデータカードが必要で、

GoPro には付属していないので、別途購入する必要があります。

 

microSDカードにはたくさんの種類があり、どれを購入すれば良いのか誰もが迷います。

そして、もし不適切な microSDカードを使ってしまうと、

最悪の場合、GoPro 本体が壊れてしまうこともあります。

 

ですが、

今回ご紹介した SanDisk の「microSDXC Extreme UHS-I 64GB」を使えば、そんな心配はご無用!

安心して、そして快適に、撮影に臨むことができます。

もし、「もっと快適に撮影したい!」と思うのであれば、

Sandisk の「microSDXC Extreme PRO UHS-I 64GB」を使いましょう。

 

最適な microSDカードで、最高の GoPro ライフを!

 

 

写真カテゴリの最新記事