【ワーホリ】海外生活はブログを始めるのにうってつけの機会だ。

【ワーホリ】海外生活はブログを始めるのにうってつけの機会だ。

筆者は、2017年の12月末にワーキングホリデーでカナダへ来た。

そして、それとほぼ同時に当ブログ「Moony’s House」を本格的に始めた。

出国前からそうしようと思っていた。

 

正直言うと、

ブログは12月初旬くらいから始めようとしていた、というか始めていたんだが、

色々ドタバタがあったために、取り掛かることができなかった。

 

そもそもなぜブログを始めようと思ったのかと言うと、

 

・将来の夢である「村づくり」のために、

自身の認知度を上げて、ファンを作るため

・ブログで収益を上げ、

労働に囚われない、「村づくり」に集中できる環境を作るため

 

この2つが主な理由であった。

 

この2つのことを実現するために、毎日ひたすらブログに注力しているのだが、

この頃とても感じることは、

「海外での生活は、ブログをするにはうってつけの機会だった」

ということだ。

 

海外生活がブログを始めるのにうってつけな理由

 

なぜ「海外での生活は、ブログをするにはうってつけの機会」なのか?

その理由は4つある。

 

1. 十分な収入を得られる

日本と比べると、カナダは全体的に最低時給が高い

幸運なことに、現在筆者が住んでいるカナダのアルバータ州は、カナダの中でも特に高い。

日本円にして、「約1,200円」

Talk-1
Moony

というか、日本が低すぎるだけなんだよなぁ。

 

カナダの最低時給については、こちらの記事に詳しく書いてるのでぜひ。

【カナダ】州によって最低賃金(時給)が全然違う!?州別の最低賃金をまとめてみた!

 

そして、さらにチップがもらえる。

そのため、労働時間が短くても、十分な収入を得ることができる。

 

筆者を例にすると、

現在ジャパレスで働いているのだが、

1日6時間労働完全週休2日制、つまり出勤日が週に5日で、

手取りが「約20万円」である。

多くはないが、生活にはまったく困らない額であり、

毎月10万円は貯金することができている。

 

週30時間労働だけで、「20万円」ももらえるのだ。

決して悪くはないだろう。

 

ただ、オーストラリアのほうがカナダよりも遥かに時給が良いので、

それを体感してしまった筆者は、カナダの時給でもあまり満足できない。

 

2. 誘惑が少ない

日本には誘惑が多い。

個人的なものを挙げると、

「カラオケ」「ネットカフェ」「グルメ」「居酒屋」などだ。

 

これらのものは「お金」はもちろんのこと、

ブログに最も必要である「時間」も取られてしまう。

これらの誘惑に負けてしまうと、

ブログに割くための時間が確保できなくなってしまうのだ。

 

しかし、海外はその心配がない。

「(日本のような)カラオケ」「ネットカフェ」「居酒屋」はないし、

西洋料理は高い割にあまり美味しくないので、外食することもなくなる。

誘惑が少ないことにもメリットはあるのだ。

 

3. ブログのための時間をたっぷり持てる

「労働時間が短くても十分な収入を得ることができる」

「誘惑が少ない」

これらのメリット(?)のおかげで、

海外生活では、ブログを書くための時間をたっぷりと確保できる。

あとは、ブログに全力投球するのみである。

 

4. ネタが増える

海外で生活をしていると、

日本では味わうことのできない文化を実体験することができる。

「異文化」ということで、新鮮なものや、興味深いものが多いだろう。

それはつまり、それが記事のネタになるということだ。

海外の実情に興味を持つ人も多いと思う。

それを発信することで、読者を増やし、ブログを成長させていくことができるのだ。

 

ちなみに当ブログでは、海外の情報でもとりわけ「マリファナ」についての記事が人気である。

【大麻】カナダではマリファナが合法!?

誠に遺憾である。

 

まとめ

 

現在、筆者はカナダで生活をしながら、ほぼ毎日ブログを更新している。

日本では、おそらくこれほど集中してブログに取り組むことはできなかっただろう。

Talk-1
Moony

カナダに来る前の職場は、
1日14時間くらい働いて、手取りがいまとほぼ一緒だったもんなぁ。

 

海外生活とともにブログを始めたのは、本当に良いタイミングであったように思う。

 

もし、これから本格的にブログを始めるのであれば、海外に行くのも1つの手だろう。

また、すでに海外で生活している人は、将来のためにブログを始めてみるのも良いかもしれない。

ブログカテゴリの最新記事