【貯金はできる?】カナダワーホリのリアルな給料・チップ事情!

【貯金はできる?】カナダワーホリのリアルな給料・チップ事情!

「ワーキングホリデー」の目的は色々ありますが、

その中でもおそらく過半数以上の人が目論んでいること。

それは、

Talk-5
銭ゲバ

ワーホリでガッポガッポ稼いだろ!

 

ということでしょう。

「貯金」のためにワーホリをする人はとても多いと思います。

かくいう筆者もその1人でした。

 

また、

Talk-3
金なき子

ワーホリの準備で大金使っちゃったから、
それを補填するために少しでもたくさん稼ぎたい!

という方もいることでしょう。

 

ワーホリをする人にとって、

「一体どれくらい稼げるのか?」

というのは、非常に重要なトピックだと思います。

 

そこで今回は、そんな疑問を解決するために、

いま筆者が実際にもらっている「給料・チップ」について、赤裸々にお伝えします!

 

実際の給料・チップ

 

現在、筆者はカナダ・アルバータ州の小さな街「バンフ」

ジャパニーズ・レストラン(通称:ジャパレス)で、フルタイマーとして働いています。

フルタイマーといっても、

1日の労働時間は「6時間」で、「完全週休2日制」です。

流行りの「ブラック」とは無縁の、最高の労働環境です。

 

給料

筆者の現在の時給は、アルバータ州の最低賃金である「13.60ドル」

1日当たりの給料は、「13.60ドル×6時間」で「81.60ドル」

したがって、1ヶ月の給料は「81.60ドル×22日」で「1,795ドル」ですが、

所得税が掛かるので、手取りは「約1,750ドル」になります。

 

チップ

給料は固定ですが、

チップはその日の売り上げによる変動があります。

少ない日は「20ドル」くらいですが、

多い日は「70ドル」ももらえることがあります。

平均すると、おそらく1日当たり「35ドル」くらいでしょうか。

したがって、1ヶ月のチップは「35ドル×22日」で「約805ドル」になります。

 

1ヶ月の総収入

1ヶ月の給料は「約1,750ドル」

1ヶ月のチップは「約805ドル」

したがって、1ヶ月の総収入は「約2,560ドル」で、

日本円にすると「約22万円」になります。

 

そんなに多くはないです。

ただ、1日6時間労働・完全週休2日制で「22万円」ももらえると考えると、

十分過ぎるような気もします。

Talk-1
Moony

もう日本で働きたくない………。

 

アルバータ州は時給が高い

 

こちらの記事で詳しく書いていますが、

【カナダ】州によって最低賃金(時給)が全然違う!?州別の最低賃金をまとめてみた!

じつは、アルバータ州の最低賃金(時給)は他の州と比べると高いんです!

現在のアルバータ州の最低賃金は「13.60ドル」と、

バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州の「11.35ドル」よりも高くなっています。

つまり、バンクーバーよりもバンフのほうが稼げるということです。

 

2018年5月現在で最も最低賃金が高いのは、

トロントがあるオンタリオ州の「14.00ドル」ですが、

この10月にアルバータ州の最低賃金が「15.00ドル」に引き上げられるため、

そうなると、アルバータ州が最も最低賃金の高い州になります。

(2019年1月には、オンタリオ州の最低賃金も「15ドル」に引き上げられます)

 

ちなみに、消費税は他の州よりも安いです。

Talk-1
Moony

アルバータ州って、素敵。

 

どれくらい貯金できるの?

 

これまで筆者の給料・チップを赤裸々にお伝えしてきましたが、

一番の関心事は、

「一体どれくらい貯金できるのか?」

ということでしょう。

そこで、筆者のケースでザッと計算してみます。

 

家賃

いま住んでいるところの家賃は、1ヶ月で「650ドル」です。

この額は、バンフでは安くも高くもないといったところだと思います。

 

食費

あまり外食はしないのですが、

それでも1ヶ月に食費が「300ドル」ほど掛かっています。

Talk-1
Moony

まかないも付いてるのに、これは掛かりすぎでは!?

 

ちなみに、カナダで外食をすると最低でも「20ドル」は掛かります。

 

娯楽費

筆者は浪費が嫌いで、さらに出不精なので、娯楽費はあまり掛かっていません。

ビール代くらいでしょうか。

あと、たまに気になってたもの(ペニーボード)や足りないもの(夏服)を買うくらいです。

多くても、1ヶ月に「100ドル」で済みます。

 

雑費

雑費は、1ヶ月に「30ドル」ほどです。

トイレットペーパーやシャンプーなどを含めています。

 

貯金額

これらを合計してみると、

 

家賃    650ドル

食費    300ドル

娯楽費   100ドル

雑費    30ドル

 

1ヶ月の支出は「1,080ドル」になります。

1ヶ月の総収入が「約2,560ドル」なので、1ヶ月の貯金額は「約1,480ドル」

日本円にすると、「約12万6000円」となります。

Talk-1
Moony

悪ない。

 

まとめ

 

「貯金」のためにワーキングホリデーをする人は多いでしょう。

しかし、

Talk-3
金なき子

一体どれくらい貯金できるんだろう?

 

という疑問を抱えている方もいると思います。

 

そんな疑問を払拭するために、

今回は、アルバータ州のジャパレスで働いている筆者の給料・チップ、

そして、毎月の貯金額について赤裸々にお伝えしました。

まとめると、

 

・1日6時間労働・完全週休2日制

・1ヶ月の手取りの総収入「約22万円」

・1ヶ月の貯金額「12万6,000円」

 

良いか悪いかは捉え方次第ですが、個人的には十分過ぎます。

また、掛け持ちをしたり、

ローカルの時給が高いところで働けば、これ以上稼いで貯金することも可能です。

 

結論としては、

カナダワーホリでは、毎月10万円ほど貯金することができます!

 

オーストラリアのほうが遥かに稼げたけど。

ワーキングホリデーカテゴリの最新記事