【カナダ】バンフで人気の観光スポット「ミネワンカ湖」に自転車で行ってきた!バスでも行けるよ!

【カナダ】バンフで人気の観光スポット「ミネワンカ湖」に自転車で行ってきた!バスでも行けるよ!

アルバータ州のバンフ国立公園の中に佇む小さな街「バンフ」

雄大なカナディアン・ロッキーに囲まれた、自然豊かな街です。

 

バンフの周りには観光スポットがたくさんあるのですが、

先日、その中でも特に人気の観光スポットである「ミネワンカ湖」に行ってきたので、

その様子をお伝えしたいと思います!

 

「ミネワンカ湖(Lake Minnewanka)」の場所

 

ミネワンカ湖は、バンフの北東に位置しています。

全長はなんと「21km」もあり、

カナディアン・ロッキーにある公園内では、「2番目」に長い湖だそう。

とんでもない大きさです。

 

「ミネワンカ湖」への行き方

 

ミネワンカ湖への行き方は、2通りあります。

 

1. バス

バンフの街からミネワンカ湖へは、公共のバスが出ています。

「Route 6」のバスがミネワンカ湖行きです。

1時間ごとに出ており、運賃は「2ドル」になります。

もちろん、車で行くこともできます。

 

2. 自転車

バンフからミネワンカ湖へは、自転車で行くこともできます。

筆者は、日頃の運動不足を補うために自転車で行ってきました。

 

Google Mapさんが「40分」と言うので、

これを信じて軽い気持ちで臨んだのですが、完全に騙されました。

往復で「3時間」掛かりました。(観光時間も含めてですが)

きっと距離的には40分の道のりなのでしょうが、

バンフの街を出てからミネワンカ湖までは、マジでひたすら坂道だったので、

40分は絶対に不可能です。

 

正直、かなりキツかった。

冗談抜きで、太ももが攣りました。

体力にあまり自信がない人は、頑張らずにバスで行きましょう!

 

旅の様子

 

IGAで飲み物とみんな大好き「ハリボーグミを買い、いざ出発!

あっという間にバンフの街を抜け、地獄の坂道に突入。

第一の地獄を登り切ると、

気高くそびえ立つ「カスケード・マウンテン」がお出迎えしてくれました。

この日は天気がとても良く、最高のサイクリング日和!

 

そして、第二の地獄がスタート。

ひたすら直進して坂道を登っていると、

途中で展望台らしきものがあったので立ち止まってみました。

資料によると、

ここは「バンクヘッド(Bankhead)」と呼ばれ、

かつてはバンフよりも大きな街があったところらしい。

石炭がたくさん採れたとか。

それ以上詳しいことは、もうなにも覚えていない。

 

気を取り直して、地獄再スタート!

ここからが本当にキツかったです。

変わり映えしない森に囲まれた道をひたすら登る。

漕ぎ続けること約30分、ようやく目的地である「ミネワンカ湖」に到着。

Tシャツが汗でビショビショでした。

 

しかし、景色がその不快感と疲労感を一瞬で吹き飛ばしてくれました。

これが、ミネワンカ湖の入り口付近の様子。

右手にある小屋で、「ボート」に乗ることができるっぽい。

 

さらに奥に進むと、そこには息を呑むほどの絶景がありました。

ターコイズグリーンに輝く湖と、奥にそびえるカナディアン・ロッキー。

なんでこんな綺麗な色に輝くんでしょうね。

 

そして、来たときとは違うルートで帰路へ。

ミネワンカ湖を離れてすぐのところで、ビッグホーンの群れに遭遇!

進行方向が同じだったので、少しの間並走して楽しみました。

 

そこから少し下ると、

ミネワンカ湖と繋がってはいるがなぜか異なる名前を冠する湖、

「トゥー・ジャック湖(Two Jack Lake)」に到着。

ミネワンカ湖と同様、ターコイズグリーンの水面が美しすぎました。

 

行きはひたすら登り坂だったおかげで、帰りはひたすら下り道。

限界だった太ももが救われました。

そして、無事帰宅。

 

往復3時間の旅程でヘトヘトになりましたが、

それを遥かに凌駕する感動に出逢うことができました。

Talk-1
Moony

でも2回目の自転車はもうないかな。

 

まとめ

 

ターコイズグリーンに輝く湖「ミネワンカ湖」

雄大なカナディアン・ロッキーとのコラボレーションが最高です。

他では間違いなく見ることができない景色でしょう。

バンフに来たなら、ぜひ行ってみてください!

 

行くならマジでバスがおすすめです。

カナダカテゴリの最新記事