生き方

【生き方】まだまだお金に縛られているということが身に沁みた。

どーも。

より幸せなライフスタイルを模索中の Moony です。

 

日本に帰ることを考え始めた

 

現在、筆者はカナダでワーキングホリデーをしています。

2017年の12月末からしているので、早いことにもうすぐ半年になります。

ワーホリは、1年間(国によっては2年間)その国に滞在することができるビザなので、

ほとんどのワーホリメーカーはその期間を丸々使います。

Talk-1
Moony

そりゃもったいないからね。

 

筆者もオーストラリアのときは、ちょうど1年間滞在しました。

 

今回のカナダワーホリも1年間丸々使おうと思っていました。

しかし、最近急激な心境の変化があり、

早いうちに日本へ帰ろうかどうか考え始めました。

 

カナダワーホリをしたい理由がなくなった

 

日本に帰ることを考え始めたのには色々と理由があるのですが、

ザックリ言うと、「カナダワーホリをしたい理由がなくなった」からです。

ワーホリで海外にいることも、

カナダで生活をすることにも理由がなくなってしまいました。

理由については、また別の記事で詳しく書きたいと思います。

 

Talk-7
激おこ

じゃあはよ日本帰らんかい!

 

それは本当にごもっとも。

このまま無味なカナダ生活を送っていても、ただの時間の無駄です。

有意義ではない時間を生きるのは、自分の信条にも反しています。

そんなことは骨の髄まで分かっています。

 

帰れない(帰らない)たったひとつの理由

 

しかし、帰れない(帰らない)理由がひとつだけあります。

それが「お金」です。

 

こちらの記事で詳しく述べていますが、

【貯金はできる?】カナダワーホリのリアルな給料・チップ事情!「ワーキングホリデー」の目的は色々ありますが、 その中でもおそらく過半数以上の人が目論んでいること。 それは、 銭ゲバ...

いまの筆者の労働環境はけっこう良いです。

1日6時間労働・完全週休2日制で、手取り「22万円」くらいあります。

労働時間に対する賃金がハンパないです。

日本ではなかなかありえません。

 

そのおかげで、空いた時間はブログに専念することができており、

「1日最低1記事」をクリアすることができています。

日本でこれを維持するのは、おそらく難しいでしょう。

8時間以上働くとなるとブログに支障が出てくるでしょうし、

6時間だけ働く(そんな仕事そもそもない)となると、

今後必要な資金を貯めることが難しくなります。

カナダだからこそ、「ブログ」も「貯金」もバランスよく実現できているのです。

 

お金に縛られまくっている

 

ということは、つまるところ「お金」に縛られているのです。

お金のために、好きなように動くことができなくなっています。

 

「お金がないために、やりたいようにできない」

これは、一般的にはあまりにも当たり前のことかもしれません。

 

「旅行に行きたいけど、お金がないから」

「結婚したいけど、お金がないから」

「学校に行きたいけど、お金がないから」

 

このようなシチュエーションは、日常に溢れています。

筆者もいままで幾度となくこのようなことを経験してきました。

しかし、今回の件で改めて思い知らされました。

 

「お金なんか関係ない」

「いまやりたいようにやれ」

百も承知です。

お金なんかなくても行動は起こせるはずだし、

行動を起こした先で、運良く結果オーライになることもある。

万が一結果がダメでも、死ぬことはないし得るものがあるかもしれない。

 

「思ったら即行動」

これは本当に大事。

何事も思い立ったが吉日で、

そのときの熱量でトライすれば、プラスの方向になる可能性はグンと増します。

 

仮に明日、カナダワーホリをやめて日本に帰ることにしたとしても、

死ぬことは絶対にないし、精神的にかなりスッキリすると思います。

新しいチャレンジができて、新鮮な発見があるかもしれません。

 

これらのことは重々分かっているのに行動できない。

それは結局のところ、「お金」に対する不安が相当あるのでしょう。

完全にお金に縛られまくっています。

 

「お金」が理由で好きなようにできないというのは、本当に不甲斐なく悔しいです。

この状態から少しでも早く脱するために、生産活動をこれからも頑張っていきます。