【マリファナ】いつ?どうなる?カナダでの娯楽目的の大麻合法化についてまとめてみた!

【マリファナ】いつ?どうなる?カナダでの娯楽目的の大麻合法化についてまとめてみた!

どーも。

大麻は別にそんなに悪いものだと思っていない Moony です。

もちろん健康的にも経済的にも使用しないに越したことはないでしょうが、

じつは大麻は日本人が思っているほど害はないです。

Talk-1
Moony

メディアの完全な刷り込み。

 

 

先日、大きな話題となった「カナダでの娯楽目的の大麻の合法化」

G7(主要7ヵ国)の中では、最初に合法化に踏み切った国となりました。

そのために、いまカナダは世界中から大きな注目が集まっています。

そこで今回は、カナダでの大麻合法化の時期や内容についてまとめてみました!

 

大麻合法化の現在

 

まず誤解してはならないのが、

現時点において、まだカナダでは大麻が合法化されているわけではないということです。

どういうことかというと、

2018年6月19日、カナダの上院議会にて「娯楽目的の大麻使用を認める法案」が可決されました。

しかし、まだ施行はされていません。

つまり、今後合法化になることは確定事項ですが、現段階で使用することはまだ違法です。

 

合法化の時期

 

それでは肝心の施行時期はいつなのか?

それは「2018年10月17日」です。

この日から、カナダでは全国的に大麻の所有・使用・製造・販売などが合法になります。

ただし、いくらかの制約はきちんと設けられています。

 

日本人が使用してもOK?

 

Talk-5
好奇心の塊

ということは、カナダに行けば大麻を吸いまくれるのか!

 

と、考えてしまうかもしれません。

絶対にダメです。

 

ご存知のとおり、日本では「大麻取締法」によって大麻は厳しく取り締まられています。

日本国内での大麻の所持や栽培は違法です。

それに加えて、「国外犯処罰規定」というものがあります。

日本の法律は、基本的に海外で適用されることはありませんが、

この規定により、「大麻の所持」に関しては海外であろうと日本の法律によって罰せられるのです。

つまり、日本人が海外で大麻を所持したことが発覚した場合、懲役刑罰金刑が科せられます。

 

合法化の目的

 

なぜカナダは大麻を合法化にしたのでしょうか?

それには「3つ」の大きな目的があります。

 

1. 大麻が若者の手に渡ることを防ぐ

現在、カナダでは大麻は違法となっていますが、

実際のところはグレーゾーンで、無法地帯のようになっています。

入手経路がいくつもあり、手に入れようと思えば簡単に手に入れられるので、

好奇心旺盛な若者は、簡単に手を出してしまいます。

Talk-1
Moony

日本でよくある中高生の喫煙的な。

 

若い段階での大麻使用は、

健康への影響が大きかったり、依存してしまう可能性が高くなります。

そうした被害から若者を守るために、

大麻を合法化し、経路を整備することにしたのです。

 

2. 犯罪グループの資金源を撲滅する

大麻は非常に儲かるビジネスです。

そのため、犯罪グループによって生産・販売のルートが裏で組織され、

そこでの利益が犯罪グループの大きな資金源となっています。

 

大麻を合法化することで、

大麻の生産・販売の基準をより明確にし、違法者に対してはさらなる厳罰を科すことで、

犯罪グループの資金源を撲滅する狙いがあります。

 

3. 公共の健康と安全を守る

大麻についての法をきちんと整備することで、

質の低い大麻の流通を防いだり、むやみやたらな使用を抑えることができます。

その結果として、公共の健康や安全が促進されるのです。

 

法案の具体的内容

 

これらの3つの目的を達成するために、今回可決された大麻合法化の法案には、

大麻の所持・使用・栽培・販売に関する内容が細かく明記されています。

以下では、その一部をご紹介します。

 

所持・使用・栽培・販売

− 公共の場において、大麻の所持は「30グラム」まで

− 大麻の譲渡は「30グラム」まで

− 大麻の購入は、州によって認可された業者からのみ

− 大麻の栽培は「4株」までで、個人での使用目的のみ

− 大麻の販売・提供は「18歳以上」

− パッケージは若者の興味を引かないもの

 

罰則

− 規定以上の量を所持     罰金・最大5年の懲役 

− 違法な流通・販売      罰金・最大14年の懲役

− 未成年への供与・販売    最大14年の懲役

 

大麻合法化のさらに詳しい内容については、こちらのカナダ政府のページを参照ください。

『Cannabis Legalization and Regulation』

 

まとめ

 

いま世界が注目している「カナダでの娯楽目的の大麻合法化」

日本では非常に厳しく取り締まられているので、ちょっと衝撃ですよね。

 

しかし、日本で生活しているととても考えられないでしょうが、

合法・違法にかかわらず、海外では大麻の使用は極めて日常的なものです。

筆者が訪れたことのあるアジア数ヵ国オーストラリアでは当たり前のように吸われていましたし、

ヨーロッパ南米の友人たちも、「大麻は珍しいものでもなんでもない」と言っていました。

じつは、世界的にみると日本ほど大麻に厳しい国はかなり少数です。

 

今後、「医療目的」であれ「娯楽目的」であれ、

大麻を合法化する流れは、おそらくどんどん加速していくでしょう。

今回のカナダでの大麻合法化は、そのきっかけになるかもしれません。

Talk-1
Moony

10年後には、日本でも合法になってるかも!?

カナダカテゴリの最新記事