【ワールドカップ】日本 vs ポーランドでのパス回し時間稼ぎは間違いなく良策。

【ワールドカップ】日本 vs ポーランドでのパス回し時間稼ぎは間違いなく良策。

 

 

どーも。

じつは長年サッカーをしていた Moony です。

現在「2018年 FIFAワールドカップ」が開催されており、

昨日、「日本 vs ポーランド」の試合が行われました。

結果は「0 – 1」と惜しくも負けてしまいましたが、

念願だった決勝トーナメント進出を決めることができました!

 

物議を醸した日本のプレー

 

しかしいま、その試合で日本代表が行なったあるプレーが物議を醸しています。

それは、「パス回しによる時間稼ぎ」です。

こちらの動画でその様子を観ることができます。

1点ビハインドの状況で、日本は積極的に攻めることなくパスを回しています。

 

なぜこのようなプレーをしたのか?

 

Talk-8
サポーター

負けてんのになんで時間稼いでんねん。

 

と思った方もおられるでしょう。

それにはある理由がありました。

 

試合前、日本が属する「グループH」は以下のような状況でした。

 

日本がポーランド戦で「勝ち」「引き分け」であれば、決勝トーナメントは確実でしたが、

ポーランドに先制を許してしまい「0 – 1」となってしまっていました。

しかし幸運にも、同時間に行なわれていた「セネガル vs コロンビア」のスコアも「0 – 1」でした。

このまま試合が終われば、日本は決勝トーナメントに進出できるという状況だったので、

日本はパス回しで時間を稼いだのです。

 

なぜ日本が決勝トーナメント進出なのか?

 

Talk-8
サポーター

セネガルとスコアまったく一緒やのに、なんで日本が進出やねん。

 

じつは、「ポイント」「得点」「失点」で順位が決まらない場合、

イエローカードの数で決める「フェアプレーポイント」というルールがあるのです。

日本はセネガルよりももらっているイエローカードが少なかったので、

このままスコアに変化がなければ、決勝トーナメント進出という状況でした。

 

もちろん、日本が攻めまくって点を取れば、自力で進出を決めることもできました。

また、セネガルが1点でも入れると進出できないという可能性もありました。

しかし、「残り時間」「攻めるリスク(失点する可能性が高くなる)」など色々と考えた結果、

西野監督は「このままのスコアで両試合が終わる可能性」が一番高いと判断し、

「パス回しで時間を稼ぐ」という選択をしたのでした。

 

大ブーイングの理由

 

動画から分かりますが、

日本がパス回しで時間を稼いでいる間、スタジアムには大ブーイングが響き渡っています。

おそらく、ポーランドだけでなく日本のサポーターからも沸き起こっているでしょう。

また、試合終了後も一部の日本サポーターから以下のような批判の声が上がっています。

 

・攻めもせずただパスを回して逃げている

・正々堂々戦うというスポーツマンシップに反している

・時間を稼いで決勝トーナメント進出なんて情けない

 

個人的な見解

 

これらの批判は分からないこともないです。

攻めずにただパスを回している試合を観たら、そのように感じてしまうかもしれません。

特にサッカーをしたことがない人ほど強くそう感じるはず。

しかし、「時間稼ぎ」という行為はサッカーでは常套手段です。

ふつうにやります。

 

・攻めずにパスを回す

・相手CKエリア付近で長々とボールをキープする

 

サッカーにおいて、このようなプレーは一つの立派な戦術です。

なので、時間稼ぎを批判している人はただサッカーを知らないだけ。

 

今回のパス回しは逃げているように見えるかもしれませんが、

それは完全に戦略で、その先の大きな勝ち(グループリーグ突破)を見据えています。

「時間稼ぎ」はサッカーでは一般的な行為なので、

スポーツマンシップに反することもまったくありません。

 

「情けない」という人にぜひ問うてみたいのですが、

もしリスクを冒して点を取りに行ってさらなる失点を食らっていたら、

それはそれでどうだったのでしょう?

その場合でもきっと叩いていますよね。

これは結果論なのでなんとも言えませんが、

結果としてこの戦略のおかげで決勝トーナメントに進むことができたわけですから、

褒め称えるべきではないでしょうか。

 

そしてなによりも、決勝トーナメント進出が決まったことで、

日本の試合を少なくともあと1回は観れるようになったわけです。

これほど喜ばしいことはないでしょう。

 

西野監督は、おそらくこのような批判を受けることは分かっていたと思います。

しかしそれでも、勝ち進めるためには「時間稼ぎ」が最善の手だと判断し、

すべての責任を背負いこみ実行に移したわけです。

まさに英断です。

この決断ができる監督はそういないでしょう。

 

まとめ

 

たらたらと述べてきましたが、

何はともあれ、日本が決勝トーナメントに進出することができて嬉しい限りです。

西野監督の采配は本当にあっぱれでした。

どこまで勝ち進めることができるか分かりませんが、

ぜひともいままで辿り着けなかったところまで行って欲しいですね!

オピニオンカテゴリの最新記事