【EDM】世界最高のDJ Avicii(アヴィーチー)のおすすめ曲11選!アルバムもご紹介!

【EDM】世界最高のDJ Avicii(アヴィーチー)のおすすめ曲11選!アルバムもご紹介!

どーも。

EDM大好き Moony です。

 

今回は、世界最高のDJ Avicii のおすすめ曲を11曲ピックアップするとともに、

Avicii がリリースしたアルバムについてもご紹介したいと思います!

 

Avicii(アヴィーチー)とは?

 

 

Avicii は、スウェーデン出身のアーティスト・音楽プロデューサー。

本名を「Tim Bergling(ティム・バーグリング)」といいます。

「Avicii」という名前は、サンスクリット語で「無間地獄」を意味する「avici」から。

 

略歴

1989年9月8日生まれ。

高校卒業と同時に音楽活動をスタートした Avicii は、その才能からすぐに存在を認知され始めます。

2011年に発表した「Levels」は、20ヶ国あまりのチャートでトップ10内を記録。

多くの国でプラチナディスク・ゴールドディスクを獲得しました。

Talk-10
Moony

21歳であのクオリティーとかハンパねぇ。

 

2012年には、イギリスの音楽雑誌「DJ Mag」での世界のトップ100DJsで第3位に選出。

2013年に発表したデビューアルバム「True」の中に収録されている名曲「Wake Me Up」 は、

瞬く間に全英で1位を獲得しました。

そこからさらに大躍進を続け、年間数十億円を稼ぐ世界的なDJとなりました。

 

早すぎる死

しかし、健康上の問題から、2016年にライブやツアーなどのDJ活動から引退。

その後も精力的に音楽活動を続けていた Avicii ですが、

悲しいことに、 2018年4月20日にわずか28歳という若さでこの世を去りました。

Talk-10
Moony

2016年の日本ツアーがまさか最初で最後の来日になるとは………。

 

 

魅力

Avicii の音楽の魅力は、なんといってもそのキャッチーなサウンド!

一度聴いただけですぐに耳に残り、一瞬でEDMの世界に引き込まれてしまいます。

何度も何度も聴きたくなる中毒性もあり、ここからEDMにハマること間違いなしです!

Talk-10
Moony

おれも Avicii がEDMの入り口やった。

 

また、Avicii は曲調のレパートリーが非常に幅広く、

アガる曲からしっとりする曲まで様々なものがあるため、ずっと聴いていてもまったく飽きません。

EDMを深めていきたいなら、まずは Avicii の曲を聴くことが必須でしょう!

 

Avicii のおすすめ曲11選

 

Levels

 

2011年にリリースされた「Levels」は、

イギリスやアメリカのダンスミュージック部門で1位に輝いたり、

多くの国の総合ランキングでトップ10に入るなど、

Avicii の名を世界に知らしめることになった伝説の1曲。

 

この曲では、おそらく誰もが聴いたことがあるであろう名曲

Etta James「Something’s Got a Hold on Me」のワンフレーズがサンプリングされているので、

「あ、聴いたことがある!」とすぐに親近感を感じることができる曲。

エネルギー溢れるサウンドに高まること間違いなしです!

Talk-10
Moony

そしてMVがくっそおもろい。

 

Wake Me Up

 

「Wake Me Up」は、Avicii の地位を確固たるものにした名曲。

2013年にリリースされたこの曲は、

なんと、世界30ヶ国以上のチャートで1位に輝くという世界的大ヒットを叩き出しました!

まさに、「2013年を代表する曲」と言っても過言ではありません。

また、驚くべきことに YouTube では16億回も再生されています。

 

「Wake Me Up」では、アメリカのソウルシンガー Aloe Blacc がボーカルを務めていますが、

彼の渋く心に響き渡る歌声もこの曲の魅力。

Avicii のエレクトロなサウンドと Aloe Blacc の聴き入ってしまう歌声が融合した最高の1曲です!

 

Waiting For Love

 

2015年リリースの「Waiting For Love」は、オランダの世界的DJ Martin Garrix とのコラボ曲。

歌っているのは、イギリスのロックバンド Cherry Ghost のボーカル Simon Aldred。

彼の歌声も、グッと心に染み渡ります。

 

この曲も世界的なヒットを記録し、おそらく Avicii の曲の中では2番目に有名な曲。

歌詞とMVがとてもマッチしており、感動必至の1曲です!

Talk-10
Moony

おじいちゃんカッコよすぎ………。

 

Hey Brother

 

「Hey Brother」は、言わずと知れた Avicii の代表曲。

フェスやライブで再生されるような曲調ではなく、

盛り上がりに欠けるかもしれませんが、非常に深い味わいを持った1曲です。

 

「Hey Brother」という印象的なフレーズから始まるこの曲の歌詞は、

兄が弟や妹を思う気持ちを切実に綴っています。

ボーカルは、アメリカのブルーグラスシンガー Dan Tyminski

彼の歌声には哀愁が漂っており、歌詞とあいまってしっとり聴くにはベストな1曲です。

 

Silhouettes

 

2012年にリリースされた「Silhouettes(シルエット)」。

スウェーデンのシンガー Salem Al Fakir がボーカルを務めています。

 

暗く不安になるサウンドで始まりますが、

そこから徐々に明るくなっていき、サビで一気に盛り上がる曲調がクセになります!

Talk-10
Moony

途中、Avicii が不意に出てくるのがたまらなく好き。

 

I Could Be The One

 

「I Could Be The One」は、

2011年にリリースされたオランダの超人気DJ Nicky Romero とのコラボ曲。

美しく透き通る歌声は、スウェーデンのシンガー Noonie Bao

この曲も様々な国でトップ10入りし、世界的な大ヒットとなりました。

 

綺麗な歌声や爽快感溢れるサウンドが素晴らしいのですが、それよりも気になってしまうのがMV。

内容が凄まじいです。

ザックリ言うと、日常生活に疲れ切った太ったおばちゃんがバカンスでヤり散らかすというもの。

オチもあり非常におもしろいので必見です!

 

Without You

 

2017年にシングルでリリースされた「Without You」は、世界各国で数万枚の売り上げを記録。

Avicii の最期の大ヒットシングルとなりました。

ボーカルは、スウェーデンのシンガー Sandro Cavazza

 

個人的に Avicii の曲の中で一番好きな曲。

包み込まれるようなサウンドと優しくも力強い Sandro Cavazza の歌声、

サビでの爆発力がたまりません。

Talk-10
Moony

いつも無性に聴きたくなるんだよなぁ。

 

Lonely Together

 

イギリスの歌姫 Rita Ora をボーカルとして迎えた「Lonely Together」。

彼女の甘くてセクシーな歌声と滑らかなサウンドが合わさり、とても心地良い曲となっています。

 

Lay Me Down

 

「Lay Me Down」は、Avicii の曲の中ではあまりメジャーではない曲かもしれません。

しかし、個人的にはかなりおすすめしたい曲!

 

この曲、とにかくワイルドでめちゃくちゃカッコいいんです!

フェスがMVになっているのもあって、カッコよさが一段と増しています。

まさに、Avicii のクールさが凝縮されたような曲。

アメリカのシンガーソングライター Adam Lambert の声にも痺れます!

Talk-10
Moony

EDMの虜になったのはこの曲から!

 

The Nights

 

2014年にリリースされた「The Nights」。

イギリスのダンスチャートでは、見事1位に輝きました。

ボーカルはアメリカのシンガー Nicholas Furlong 。

 

父から子への熱いメッセージが綴られた歌詞に、

Avicii のエネルギッシュなサウンドが加わり、涙なしでは聴けない1曲となっています。

 

X You

 

2013年リリースの「X You」は、

世界140ヶ国・4199人のアーティストとコラボレーションする

「Avicii X You」という超大規模プロジェクトによって完成した1曲。

 

多くの人々の手によって作り出されたこの曲は、

様々なテイストが上手く絡み合っており、感涙してしまうほどの名曲です!

Talk-10
Moony

エモさがハンパない………。

 

Avicii のアルバム

 

TRUE

「TRUE」は、Avicii の記念すべきデビューアルバム

リリースされた2013年、

数ヶ国のアルバムランキングで1位を獲得しただけでなく、

アメリカではなんとミリオンヒットを記録!

世界的に超人気のアルバムです!

 

収録曲は、「Wake Me Up」「Hey Brother」「Lay Me Down」のほか、

「Addicted To You」「You Make Me」など。

Avicii を知りたいなら、まずはこのアルバムから!

 

 

Stories

2015年にリリースされた Avicii のセカンドアルバム「Stories」は、

たった1ヶ月で全世界での売り上げ 100万枚を達成!

また、ストリーミングサービス「Spotify」では、

「1年間に世界で最も再生されたアルバム」で4位に輝きました。

 

収録曲は、「Waiting For Love」「The Nights(日本版のみ)」のほか、

「For A Better Day」「Broken Arrows」「Pure Grinding」など。

さらに進化した Avicii の音楽を聴くことができます!

 

 

Avici(01)

2017年にリリースされたミニアルバム「Avici(01)」。

このアルバムの存在はあまりメジャーではありませんが、

収録されている曲は、どれも素晴らしいものばかり!

Talk-10
Moony

個人的に一番好きかも!

 

収録曲は、「Without You」「Lonely Together」のほか、

「Friend of Mine」「You Be Love」など。

Avicii 最期のアルバム。

極限まで研ぎ澄まされた彼の音楽を、ぜひ堪能してみてください!

 

音楽カテゴリの最新記事