【グロすぎ注意!】グアナファトで絶対に外せない観光スポット「ミイラ博物館」!

【グロすぎ注意!】グアナファトで絶対に外せない観光スポット「ミイラ博物館」!

どーも。

グロ系は苦手な Moony です!

集合体は特に無理です!

 

 

 

みなさん、「ミイラ博物館」というものをご存知でしょうか?

 

ちょっと不気味な響きですよね。

想像できないし、したくもないです。

 

そんな薄気味悪い博物館が、なんと世界遺産の街として有名なメキシコ・グアナファトにあるんです!

 

 

 

先日、メキシコへ6泊7日の弾丸旅行をしてきたのですが、

グロ系苦手の筆者はあまり乗り気ではなかったにもかかわらず、

2人も「ミイラ大好き!」とかいうワケの分からない友人がいたためにそのミイラ博物館へ行ってきました。

Talk-10
Moony

ミイラのどこに好きになる要素があんねん。

 

メキシコへ6泊7日の4都市弾丸旅行に行ってきた!【メキシコシティ・グアナファト・カンクン・プラヤデルカルメン】

 

 

 

そこで見た光景は、まさに衝撃の数々!

 

今回は、そんな「ミイラ博物館(Museum of the Mummies)」の概要と、

グアナファト中心部から博物館への行き方についてご紹介したいと思います!

 

メキシコ・グアナファトにある「ミイラ博物館」

 

「ミイラ博物館」ってあまり聞き慣れないですよね?

 

それもそのはず、ミイラ博物館は世界に数えるほどしかありません。

そして、その中でもメキシコ・グアナファトのミイラ博物館は最も有名なところなんです!

 

なぜグアナファトに?

グアナファトはメキシコのちょうど中心あたりにある都市。

 

 

 

でもなぜこんなところにミイラ博物館があるのでしょうか?

それには、メキシコの「文化」「気候」が大きく関わっています。

 

土葬文化

日本の埋葬方法は「火葬」が一般的ですが、

中南米のほとんどの国では「土葬」の文化が深く浸透しています。

 

そして、ここメキシコ・グアナファトの埋葬も「土葬」によって行われます。

 

乾燥した気候

グアナファトは湿気が全然なく、非常に乾燥しています。

そのため、土壌も極度に乾燥しており、

埋められた死体はあっという間に天然のミイラになるらしいです。

 

 

 

これらが相まって、グアナファトではミイラ文化が盛んになり、博物館ができたというわけです。

 

ミイラは一体どこから持ってこられたのか?

肝心のミイラは一体どこから博物館へ持ってこられたのでしょうか?

これには驚愕の事実がありました。

 

 

 

1865年〜1958年まで、グアナファトでは土葬された死体に対して「墓地税」なるものが課されており、

親族はその税金を払わなければなりませんでした。

 

そして、墓地税が3年間払われなかった死体は掘り起こされ、

状態の良いものはこの博物館に持ってこられたとのこと。

Talk-10
Moony

ってことはそこらへんにあった一般人のミイラってことかよ………。

 

 

ミイラ博物館の実際の様子

それでは一体ミイラ博物館はどのような感じなのか、写真で見ていきましょう!

 

ミイラ博物館の建物はこんな感じ。

 

出口付近にはお土産屋がいくつかあります。

 

 

 

最も気になるであろう中の様子はこちら!

 

Talk-10
Moony

いや………エグすぎな。(白目)

 

 

 

残念なことに、中の写真はこの2枚しかありません。

というのも、館内にはいたるところに撮影禁止のマークが貼られており、

唯一撮影できたのがこの2カ所だけだったからです。

 

ただあとで知ったのですが、

入場料にプラスアルファお金を払えば撮影し放題だったらしい。

Talk-10
Moony

マジでもったいないことした。

 

 

 

2枚じゃさすがにあれなので、

ネットにある写真をいくつかピックアップしたいと思います!

ここからはマジでグロいので、苦手な方は見ないほうが良いです。

 

写真:Mummies of Guanajuato

 

写真:photowise

 

写真: 네이버 포스트

 

 

 

ミイラ博物館は、こんな感じのミイラが約200体も展示されています!

 

ミイラ博物館への行き方

 

そんなミイラ博物館は、グアナファトの丘の上にあります。

 

歩いて行くほうがおすすめ!

ミイラ博物館へはシャトルバスが出ているみたいですが、

グアナファトの中心部からそれほど離れていませんし、

道中の景色がマジで綺麗なので、歩いていくのがおすすめです!

 

中心部にあるイダルゴ市場からは徒歩で「約20分」ほど。

 

 

 

道中から見渡すグアナファトは圧巻の景色でした!

 

入場料

 

ミイラ博物館の入場料は「60ペソ(約360円)」

プラス「23ペソ」払えば、館内で写真や動画を撮影し放題みたいです。

 

まとめ

 

世界的にも珍しいメキシコ・グアナファトにある「ミイラ博物館」

館内には約200体ものミイラが展示されており、本物のミイラを間近で見ることができます。

 

筆者はグロいものが苦手であまり乗り気ではなかったのですが、

実際に行ってみると初めて目にするミイラに好奇心が芽生え、

とても楽しむことができました!

Talk-10
Moony

もちろんグロかったけどな。

 

 

 

ミイラ博物館は、「ミイラとかマジで無理!」という方はやめたほうが良いですが、

少しでも耐性がある方は間違いなく楽しめる場所です。

 

世界的にも数少ない貴重な博物館なので、

グアナファトを訪れた際はぜひ行ってみてください!

ライフスタイルカテゴリの最新記事