【人間関係】直感的に「あ、この人無理だ」と感じた人とは関わるべきじゃない。

【人間関係】直感的に「あ、この人無理だ」と感じた人とは関わるべきじゃない。

どーも。

友人は濃く狭くの Moony です。

 

 

 

学校や職場、近所付き合いやパーティー。

ふだんの生活で新しい人と出会う機会は度々あります。

 

そのようなとき、

初めて会う人に対して直感的に「あ、この人無理だ」と感じることってありますよね。

相手の身なりや挨拶や会話を少し交わすだけで。

 

筆者はけっこうな頻度でそれがあるんですが、

直感でそう感じた人とはできるだけ関わるべきじゃないと思うんです。

Talk-10
Moony

ちょっと極論やけどな。

 

 

第一印象で人を判断するな!

 

こんなことを言うと、このような批判が間違いなく飛んできます。

Talk-8
正論屋

第一印象で人を判断するな!

 

Talk-8
正論屋

人は見た目じゃない!

 

 

 

それはね、もう本当にごもっともです。

道徳的観点から考えると、見た目や第一印象で人を判断するのは誤りでしょう。

 

 

 

しかしです。

私たち、少なくとも自分は聖人君子ではありません。

 

現実問題、「人は見た目が9割」とはよく言われていることですし、

実際に私たちはかなりの割合で人を見た目で判断しています。

 

 

関わってみるとじつは良い人だった

 

もちろん、最初に感じた印象と実際の中身が異なるケースも少なからずあります。

Talk-10
Moony

この人サバサバしててキツそうやなぁ。

 

数週間後。

Talk-10
Moony

え、この人めっちゃ優しいやん!

 

 

 

最初はネガティブな印象だった人も、

関わっていくうちに打ち解け、その人の本当の部分が見えてくる。

こんなこと、たまにありますよね。

 

「直感」はかなりの確率で正しい

 

しかしながら、不思議なことに「直感」ってかなりの確率で正しいんです。

このことは様々な研究からも明らかになっています。

気になる人はググってみてください。

 

なので、最初の印象で直感的に「あ、この人無理だ」って感じた人はその確率がかなり高いんです。

それがひっくり返るってケースはそれほど多くはありません。

Talk-10
Moony

経験則ではあるけども。

 

 

そしてこれを言い換えると、

「直感的に無理な人は自分にマッチする人である可能性がかなり低い」というわけです。

 

そんな人にリソースを割くべきじゃない

 

となると、そんな人とはできるだけ関わらないというのが賢明な判断。

 

性格的に不一致な確率が高いのならば、

どう考えてもそんな人にリソース(労力・時間・お金)を割くべきではないでしょう。

 

それらがムダになるリスクが高いのですから。

 

 

 

そして、そこにリソースを割く代わりに、

直感的に「あ、この人イイかも!」と感じた人と積極的に絡むほうが合理的です。

そのほうが、有意義な人間関係を構築できる可能性が遥かに高いでしょう。

 

まとめ

 

この世には本当に様々な人がいます。

そして、誰しも直感的に「あ、この人無理だ」と感じる人が少なからずいることでしょう。

Talk-10
Moony

相性の問題やから、その人が悪いってことやないで。

 

 

 

そんなときどうするか?

 

不思議ではありますが、直感はかなりの確率で正しいのです。

であるならば、その直感を素直に受け止めるべきでしょう。

 

つまり、直感的に無理だと感じた人とはできるだけ関わらないようにするべきなのです。

オピニオンカテゴリの最新記事