下のお話

乳輪は断固として小さいほうが好きである。

 

男性にとって、女性の乳輪の最も好ましいサイズについては、

大いに議論の余地があるであろう。

しかし、初めに明言しておく。

 

 

 

 

 

筆者は、断固として小さいほうが好きである。

 

 

 

 

 

筆者には、何があろうと譲れない信念がいくつかあるが、

これはその中でも、最も大きな割合を占めているものの1つである。

 

小さい乳輪は譲れない。

 

絶対に負けられない戦いである。

 

 

 

 

 

日本人女性の乳輪の平均サイズは?

筆者は、日本人に生まれることができて心の底から良かったと思っている。

それはなぜか?

 

 

 

 

 

日本人女性のおっぱいが、最も美しいからである。

 

 

 

 

 

その理由の1つとして、乳輪のサイズが挙げられる。

Wikipediaによると、平均的な女性の乳輪のサイズは3.81cmである。

Sexually mature women have an average of 38.1 mm (1.5 in), but sizes range up to 100 mm (4 in) or greater.

出典:Wikipedia

一方で、日本の有名な美容整形外科の調査によると、

日本人女性の平均乳輪サイズは、3.5cmである。

 

これは、筆者の経験によっても裏付けられている。

週に数回、お世話になる材料を探している際に、

海外のサイトのサムネイルや広告に出てくるおっぱいの

ほとんどの乳輪はまことに巨大である。

それらが視界に入るたび、

まるで生気を吸い取られるが如く、

物理的のみならず、精神的にも萎んでいくのである。

「こんなものクリックする人がこの世にいるのだろうか」

と毎回思わずにはいられない。

 

その一方で、日本のサイトのそれらはなんと美しいことか。

ページに散りばめられたそれらのほぼ全てが、この上なく美しい。

あれはもはや、「芸術」というよりほかないであろう。

 

つまり、世界的に見ると、

日本人女性の乳輪のサイズは小さい。

これが日本人女性のおっぱいが最も美しいことに大きく関与していると、

筆者は推察する。

 

 

 

 

 

「乳輪=おっぱい」ではないということ

乳輪の大きさにも、好きな乳輪の大きさにも、

個人差があることは分かっている。

そして、それぞれに良さがあることも充分に理解している。

ただ、筆者はどう転ぼうと、

 

小さい乳輪が好きなのである。

 

 

しかし、誤解しないで欲しい。

だからと言って、乳輪の大きいおっぱいがダメなのかというと、

全くそういうことでははない。

 

 

 

 

 

おっぱいはおっぱいであるだけで、

もうそれ自体が素晴らしいのである。